本文へスキップ

かわさきタップフェスティバル2022


公演内容などのお問い合わせは

info@kawasaki-tap.com

HideboH solo performer

 

HideboH

6歳よりタップダンスを始め19歳でインストラクターとなり22歳で渡米。
タップ界のトップスターであるグレゴリー・ハインズの師匠、ヘンリー・ルタンに師事する。
帰国後自らの Style である Funk-a-Step を確立し、LIVE・舞台など精力的に活動を続ける。
2003年北野武監督映画「座頭市」では農民のタップ&ストンプシーンの振付から総合演出までを手掛け、タップダンスを日本に広めた第一人者。
202112月公開の北野武原作・劇団ひとり監督のNetflix映画『浅草キッド』では、W主演の大泉洋さん・柳楽優弥さんにタップ振付・指導を行い好評を得ている。
近年では歌やお芝居などにも意欲的に取り組み、その活動の場を広げている。
 
 











2020年 SPONCER協賛 (50音順)









協力


後援

日本タップダンス協会
日本ジャズダンス芸術協会神奈川県東支部

日本振付家協会


主催