本文へスキップ

かわさきタップフェスティバル2020


公演内容などのお問い合わせは

info@kawasaki-tap.com

金マツ UNIT PERFORMER

  金マツ

出演者:金子真弓/マツタケシ

金子真弓とマツタケシで“金マツ”。
生まれは東京大塚、ブレイクマン育ち。
今回はかわさきタップフェスティバル初出演。
【金子真弓】
1985年生まれ。5歳からタップ・バレエ・JAZZを始め、数多くの舞台・LIVE・イベント・TV・CMに出演。2003年、映画「座頭市」出演。
2007年JTSP(日本タップダンス奨学金制度)の1期生として渡米。
自身のパフォーマンス以外にも講師、振付など次世代育成、指導にも力を入れている。
【マツタケシ】
5歳よりクラシックピアノを始め、6歳でマイケルジャクソンのモノマネを始めてダンスに目覚める。
高校時代テレビ番組「RAVE2001」を観て本格的にストリートダンスを始める。
その後NEWYORK修行を機にTAPに惹き付けられ現在に至る。

 













2019年 SPONCER協賛 (50音順)



中川三郎スタジオ
中川裕季子






協力


後援

日本タップダンス協会
日本ジャズダンス芸術協会神奈川県東支部

日本振付家協会


主催