本文へスキップ

かわさきタップフェスティバル2018


公演内容などのお問い合わせは

info@kawasaki-tap.com

SARO SOLO PERFORMER

 

SARO(Sadahiro Yokoyama)

1982
年東京生まれ
小学生の頃は、サッカーとタップ(宇海光耀に指事)その他習い事に励み、
中学に入り、BANDを結成(THE BIG DICKS)。BASSを担当。
高校に入り、ホッケー部にて全国大会出場、国体選手として活躍。
引退と同時にBANDを結成(ジュクシ)VOを担当。2枚のCDをリリース。大学卒業とともにBAND解散。
その頃から、TAP DANCERとしての道を開拓。
様々なタップダンサーと夜な夜な練習。
様々なスタイルを吸収。
その後チーム『BOXMAN』に参加。チーム『平和の森』に参加。
映画『座頭市』出演。リップスライムコンサート出演(日本武道館)
その他テレビ等出演。
22歳から、ソロ活動を開始。
様々なミュージシャンとコラボレーションを重ね、様々なジャンルの音楽理論、即興手段を学ぶ。様々なライブに参加。
年100本以上を毎年やり続けている。
23,24
歳の時に、NYにて、本場の風を浴びる。
25歳のときにインドに音楽理論を学びにいく。
その後、ビジュアル系ギタリストのMIYAVIのサポートメンバーとして、日本ツアー2回、世界ツアー(計16カ国)2回を経験。CD,DVDを5枚 くらいリリ ース。

帰国後に、総合格闘技『DREAM』のオープニングムービーに出演。
UNIQLO
CMにて楽曲を提供。
大衆演劇の早乙女太一新春公演にて、振り付け、出演。
劇団に指導。
香港、台湾にてWS
堂本剛ソロライブ友情出演
舞台『夢を叶えるゾウ』TAPシーン振り付け、出演
Google crhome web cm
に起用
NHK
『ドレミファワンダーランド』出演

2010年には、ギター、TAP、パーカッションの3人で『Conguero tres hoofers』を結成。
CD
ITUNEJAZZ部門で1位獲得。
2年連続Fuji rock出演。
NHK
『エルムンド』出演。

2011年、カウントダウンは香港に招集され、
カウントダウン直前にTAPを踏み香港人をわかせた。

本能的かつ 音楽的、楽観的なダンススタイルはSAROならではのもので,その日本人離れしたリズム感は国内外問わず様々なシーンから注目されている。













2018年 SPONCER協賛 (50音順)



中川三郎スタジオ
中川裕季子




ビューティーサロンタカヤス



協力


後援

日本タップダンス協会
日本ジャズダンス芸術協会神奈川県東支部

日本振付家協会


主催